toggle
2016-04-06

機能訓練&社会参加のカゴ作りで広がる“笑顔の輪”【デイサービスロフ太田店/木更津】

kago_title

木更津市街の大通りから路地を曲がった、閑静な住宅地の中にあるデイサービス施設「ロフ太田店」。“作業所をコンセプトにした静謐な空間”というだけあり、利用者さんたちがクラフトテープを使った「カゴ作り」に黙々と取り組んでいます。
機能訓練の一環として、昨年5月から始めたこの「カゴ作り」。パーツの寸法計測と切り分け・組み立て・仕上げという全ての作業をする方から、完成した作品にニスを塗る仕上げ作業のみの方まで、利用者さんそれぞれの身体機能や認知機能に合わせて作業を行っています。
 
temoto
 
当初はスタッフも教則本を見ながらの試行錯誤。また利用者さんも「こういう作業は向かない」と言ってやりたがらない方もいたそうです。しかし始めてみると案外上手く出来上がり、今では「カゴ作りが楽しい」と言って下さるようになったり、ほかの方に教えられるほど上達された利用者さんもいらっしゃいます。
 
kansei2
 
クラフトペーパーを編み込み、ペンチで折り曲げ、ボンドを着けたら洗濯ばさみで固定し、長い部分をハサミで切り取り、また編み込み・・・。これは年齢に関係なく、なかなか複雑な作業です。しかし、これまでに30個以上は作ったというベテランの竹内さん。手順も頭の中にしっかり入っており、休む間もなくスイスイと作業を進めていきます。
 
kansei1
 
「昔は漁船に乗ってよ、200キロもあるマグロを引き揚げてたんだよ。男ばっかりでケンカも起きるしよぉ。」
と、作業のかたわら昔話に花を咲かせる高田さん。スタッフからの海上生活に関する質問にも答えながら、海の男の大きな手で硬いクラフトペーパーの角もきっちり折り曲げていきます。
 
完成した作品を販売、社会参加を推進する”笑顔の輪ぷろじぇくと”
hanbai
 
こうして1つ1つ丁寧に作られたカゴは、ロフ太田店が取り組む ”要介護者の社会参加を支援する” 「笑顔の輪ぷろじぇくと」として、主旨に賛同する清見台カフェやいくつかの薬局で販売されています。お菓子や小物入れにはもちろん、プレゼントの箱代わりにも重宝され、まとめて10個などの注文が入ることもあり生産が追いつかないほど。また、領収書には制作者のお名前が記載されていて、作品制作への張り合いも生まれます。
 
mamahel
 
「実際に売られているところをお孫さんと見に行って、誇らしい気持ちになったと話してくれた利用者さんもいるんですよ」とにこやかに話すスタッフの猪嶌さんは、子育てをしながら働くママヘルパーです。
事業所ではもちろんのこと、出張でのカゴ作り指導も担当しています。3月4日に十全社袖ヶ浦店で行われた「終活セミナー」では、ロフ代表の木下さんが社会保障制度について講演を行い、機能訓練の紹介として参加者の皆さんにもカゴ作りを体験していただきました。(講演の内容はこちら
 
juzensha
 
「昔、山から籐を採ってきてカゴを編んだことあるわ」と言って懐かしむ女性の方や、「こりゃ、なかなか難しいな」と戸惑う男性までさまざま。猪嶌さんがそれぞれの進行具合を見ながら声をかけ、お手伝いをしていきます。この日は初心者の方が大半でしたが1時間半ほどで完成し、出来上がった作品を持ち帰っていただきました。
 
kago
 
指先を動かすと脳が活性化するといいますが、それは指先に多くの神経細胞が集まり脳へと繋がっているからだそうです。さらに脳への刺激には、“簡単すぎず、楽しいと感じ、できた時に達成感がある”のが最適だといいます。まさに「カゴ作り」に取り組む利用者さんの感想そのものです。
「この先、高齢者になられる皆さんは自身のためにも社会のためにも、できる限り在宅で “自分らしく” 過ごせることが一番」と代表の木下さんが講演の中でも話されていました。広く地域の方々にも、介護や認知症予防などについて理解を深めていただくことにより、高齢者の皆さんが自分らしく生き生きと暮らせる地域作りへと繋がっていくことでしょう。
 
 
【お問い合わせ】株式会社R.O.F
訪問(予防)事業所 訪問介護ロフ
指定居宅介護事業所 ケアパートナーロフ
 
デイサービスロフ太田店
千葉県木更津市東太田4-22-3 TEL.0438-42-1298
 
デイサービスロフ金田店
千葉県木更津市中島2216 TEL.0438-53-8343
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です