toggle
2015-08-14

探訪〜Take a break〜

break_top

お出かけしよう!

「いつまでも元気でお出かけしたい」と口でいうのは簡単だけれど、そうはいかないのが現実です。

歩く速度が遅くなったり、段差が気になったり、外出する時に付き添ってもらうことが心苦しい。周りに迷惑をかけたくないとの思いから、外出が億劫になり、徐々に外へでる機会が減ってしまう。

そうなると交流が減り、人との触れ合いが少なくなると活力まで減少して、やがては家から一歩も外にでることもなくなって「おばあちゃん最近元気ないな」なんて心配する声をよく耳にします。

しかし諦めることはありません。

デイサービスやグループホームでの取り組みや、認知症カフェなど高齢者の方を受け入れる体制は徐々に増えてきます。

介護する事も、介護してもらう事も当たり前になる社会はすぐそこまできています。

「施設利用者の方たちには、施設内にある畑での作業をはじめ、外の新鮮な空気を味わってもらいたい。同じことばかりしていては飽きてしまいますよ」と笑いながら語る碓井さん。

探訪01碓井

碓井さんは矢那街道沿いにあるデイサービス「笑和の郷」の施設長を勤めています。

笑和の郷では、自立支援を基本とした五感(見る、聞く、匂う、触る、味わう)をつかった自然な環境で行う生活のリハビリを提供。食事は手作りで旬な素材を使用し、市場から直送した新鮮な魚も食べれるとのこと。

施設長はじめ、スタッフの皆さんの笑顔の和がキラキラ光った素敵な空間をつくっていました。

「いつも業務に追われているヘルパーさんたちも一緒に、美味しいおやつタイムを過ごしてもらいたい」と木更津市内にある認知症サポーターがいるカフェでおやつタイム。

探訪ー3

たっぷりの生クリームがのった、ウインナーコーヒーにみんな夢中になっています。

『ちょっと前までは普通に喫茶店で飲んでいた味だよ!』と懐かしむ人も。一緒に外出してリラックスできたのか、普段施設では聞けない話もたくさん聞けたようです。

「利用者さん達は私達の大先輩、いろんな所でいろんな美味しい物を食べてきたのですよね。すっかり介護する側に慣れてしまってちょっと忘れていたかも」と語るヘルパーさんもいました。

筆者のおじいちゃんも良く東京のデパートの喫茶店の話をしていたなと、懐かしくなりました。

この日は職業体験で市内の中学生がカフェでギャルソンの練習をしていました。

探訪ー4

「高齢者の方たちにはゆっくりと大きな声で説明し、小さなメニューは傍で読んであげる事が大切なんだなと教わりました」とプチギャルソンくん。

高齢者と触れ合うことが減った来た子供たちにとって、将来自分の両親を介護する未来を見据えたいい経験になったはずです。

地域の中に溶け込む介護は、利用者さんだけでなく、地域に住む子供たちにも無関係ではないことを改めに認識させられました。

看護師の米田久美さんにもお話しをお聞きしました。

探訪01看護師

「利用者さんは毎日体調が違うので、みんなで一緒に行動することは簡単ではありません。でも、いつも施設の中でじっとしているよりも、畑で作業したりお出かけしたりと、少しでもアクティブに過ごせるようといつも考えてます」

利用者さんの健康を管理する事はもちろん、食事などの栄養面も大事です。しかしそれ以上に、心のケアとストレスフリーの時間を提供することの大事さも感じています。

「こうやってカフェやレストランなど受け入れや協力してくれる場所が増えれば、ヘルパーさんや利用者さんたちが楽しくすごせるはずです。地域のこれからに期待しています」と語る碓井さんの言葉には、気持ちの繋がりを重んじている優しさに溢れていました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です